知らないとやばい?!メールのリスクとデメリット: 女子にモテる方法、正しい女性の口説き方を解説!【モテる男になるための恋愛講座】

最近の記事






こんばんは!


恋愛評論家のつくよみです^^;



今回は、女性を落とすためのメール術について

お話ししていきたいと思います。




あなたは、メールは良く使うほうですか?



メールが好きな人は女性に多く、

男性はメールが苦手、または嫌いという

方も多いですよね。




嫌いではないけど、メールが苦手!

という男性の悩みも、結構よく耳にします。




普段、女性を落とそうと思った時には、

メールはどのような場面で使われるでしょうか。




例えば、合コンで知り合った女性の

メルアドをゲットして、

そのあとデートに誘う時に、メールしますよね。




他には、デートはしたことあるけど

まだ付き合ってはいない自分の好きな女性

に対して、普段からメールで会話をして、

気に入られようとしますよね。




中には、直接会って告白するのは苦手なので、

メールで告白する!

という方も結構いらっしゃると思います。




様々な場面でメールが登場してきますが、

メールを恋愛に上手く生かすために

重要なポイントについて、

お話ししたいと思います。




まず、メールはそもそもコミュニケーション

のためのツールですが、

コミュニケーションの手段は、

もちろん他にもあるわけです。




会話、電話、メール、手紙、

この4つが主な手段となりますよね。




大事なのは、この4つを情報量が

多い順に並べると、

会話>電話>メール>手紙

になるということです。




手紙は、一枚にかける文章量は

メールより多いですが、

やり取りが素早くできるものではない

という意味で、メールより下になります。




メールは文字のみで、電話は声が分かり、

会話は、相手の表情や仕草が見えるという意味で、

情報量が増していきます。




そしてもう一つ、重要なことは、

会話や電話はリアルタイムでの

やり取りが可能ですが、

メールは送ってしまったらそれっきり、

返信があるまで、何もできない!(><;)

というデメリットがあります。





メールはとても便利で手軽なツールである反面、

実はそのリスクも高くて、

上手く使いこなせないと失敗してしまう

ことがあるのです。




メールのリスクとは、一体何なのか。




それは、メールというツールは、

誤解を与える可能性がとても高く、

また、誤解を挽回しにくい、


ということです。




文字のみのやり取りですから、

相手に伝えられる情報量が少なく、

一度にかける文章も短いために、

とても誤解が生じやすいのです。




しかも、その誤解が生じた場合に、

会話や電話だったらすぐに訂正し、

挽回することが可能ですが、メールだと、

それがすぐにはしずらいです。



また、会話や電話では、相手の反応を見ながら

コミュニケーションをとることが可能なので、

より円滑に進めていくことが可能です。




ところが、メールでは、「相手の反応を見る」

ということが、とても難しいです。




もちろん、ある程度は分かりますが、

文字だけなので、分かりずらいのです^^;




文字だけだったら、

何とでも書けますからね。(笑)




メールは便利で手軽なツールなので、

簡単なイメージを持っている人も多いのですが、

確かに、メールを打つだけなら簡単ですが、

上手く使いこなそうと思ったら、

実は結構難しいものなのです^^;




ですから、むしろ、難易度で言うと、

メール>電話>会話

と言ってもいいくらいかもしれませんね。




この難しさがあるために、

メールが苦手という男性は多いですし、

メールで失敗してしまう男性も非常に

多いのが現実です;




でも、こういったメールのデメリットや

リスク、難しさを理解しておくことで、

それを全く知らないでいる人と比べて、

メールの使い方が全く変わってくるはずですので、

ぜひ記憶にとどめておいてください^^;



今回の記事はいかがでしたか?

もし良かったら、いいね!やツイートしていただけると
嬉しいです。(^-^)/


最後まで読んでいただきありがとうございました! <(_ _)>ペコリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。